www.facebook.com
www.twitter.com
www.linkedin.com
www.blogger.com
www.myspace.com
RSS Feeds
 
INPS JAPAN   IDN-InDepthNews - UN INSIDER

WAMアラブ通信

|UAE|アラブ人の若者の高い支持を得る

Arab Youth Survey【アブダビWAM】

「国際社会で認められるダイナミックな国づくりを目指してきたアラブ首長国連邦(UAE)の努力は、地域・国際レベルにおける印象深い調査結果が示している通り、大いに報われていると言えよう。」と地元の英字日刊紙が報じた。

「ドバイの主要広告代理店ASDA'A Burson-Marstellerが2008年から毎年実施している『アラブ人若者意識調査』の2014年版(アラブ15ヶ国に住む18-24歳の3000人が調査対象)によると、『Q1:世界のどこの国に住みたいですか?』という質問に対して、アラブ諸国の若者たちは、3年連続で、UAEを最も住みたい国と回答していた。しかも昨年と比べてUAEに投票した回答者の数は8%上昇していた。」

|UAE|人道主義の模範的役割を担う

【アブダビWAM】

経済協力開発機構(OECD)の開発援助委員会(DAC)が8日、2013年の政府開発援助(ODA)実績を公表し、アラブ首長国連邦(UAE)の援助実績(総額53億ドル)が、国民総所得(GNI)比(1.25%)でOECD加盟34か国中で一位であることが明らかになった。これは2012年の19位から大きな前進であり、UAE国民及び住民にとって誇るべき実績である。」と英字日刊紙「ガルフ・ニュース」が4月10日の論説の中で報じた。

|湾岸地域|カタールは和解の前に政策転換を図るべき

【アブダビWAM】

UAEの英字日刊紙「ガルフ・ニュース」「仲介役のクウェートは、(サウジアラビア・アラブ首長国連邦〈UAE〉・バーレーンとの)和解を進める前に、カタール政府がこれまでの身勝手な外交方針を抑制するという確約を取るべきだ。」と指摘したうえで、「湾岸協力会議(GCC)内でいつまでも不和を抱えたままでいいとはどの加盟国も望んでいない。」と報じた。

「もちろん、和解が成立しカタール政府が再び他のGCC加盟国と強調できるようになることが望ましいが、不和の原因となった政策の違いを直視することなく表面を取繕うような和解はあり得ない。カタール政府は、UAEの不安定化を画策しサウジアラビアをはじめとする近隣諸国においても紛争を助長しようとしてきたムスリム同胞団をはじめとするイスラム原理主義団体を、積極的に支援してきた。」と同紙は付け加えた。

|UAE|シリア難民への時宜を得た支援

【アブダビWAM】

アラブ首長国連邦(UAE)の英字日刊紙は、「シリアでは2011年に内戦が勃発して以来、死亡者数は既に15万人を上回っており、国民の間で、国際社会に見捨てられたという絶望感が広がりをみせている。これまでに900万人のシリア人が住むところを追われ、近隣諸国に難民として流出(220万人以上)するか、国内避難民(約650万人)となっている。」と報じた。

このような状況下、UAE政府による2億2000万ドゥルハム(60億7200万円)規模の新たなシリア難民支援拠出の決定は大きな意味を持つだろう。

|北朝鮮|「無視することが全ての国にとって最良の策」とUAE紙

Flag of North Korea/ Wikimedia Commons【ドバイWAM】

アラブ首長国連邦(UAE)の英字日刊紙は、22日から2日連続で日本海に向けて短距離ミサイル(計46発)を発射した北朝鮮の行動について、国際社会ののけ者国家(pariah state)の現政権は「危険なほど予測不能」であることから「全ての国にとっての最良の策」として、これを無視するよう各国に呼びかけている。

同紙は3月24日付の論説の中で、「北朝鮮によるミサイル発射は、韓国が毎年米国と実施している共同軍事演習(野外機動訓練「フォール・イーグル」)を牽制する象徴的な意味合いがある。国際社会が北朝鮮包囲網を形成しているという妄想にとらわれている同国は、この米韓軍事演習を侵略行為と見なすとともに、外国からの侵略に備えて常に警戒態勢を維持する大義名分にしている。」とドバイに本拠を置くガルフ・ニュース紙が報じた。

|UAE|「まさかの時の友こそ真の友」とUAE紙

Khaleeji Times【アブダビWAM】

飢饉が発生し人道危機に陥っているパキスタン最大の砂漠地帯であるシンド州タルパールカル地区に対して、アラブ首長国連邦(UAE)政府は大統領の指示に基づいて緊急の食糧・医療支援を含む多次元に亘る支援を実施している。

「UAEは中東地域有数の人道支援提供国であるとともに、昨年台風第30号(ハイエン)で甚大な被害を被ったフィリピンに10億ドル規模の支援を行った例にも明らかなように、伝統的に世界中の支援を必要としている人々を人道主義の観点から援助する方針を堅持している。とりわけ大洪水・地震・飢饉などの大規模災害に頻繁に襲われているパキスタンに対して、一貫して多方面に亘る支援の手を差し伸べている。」とUAEの英字日刊紙「カリージ・タイムス」は3月14日付の論説の中で報じた。

|UAE|アースアワーに向けてドバイ空港の一部消灯キャンペーン始まる

【ドバイWAM】

アラブ首長国連邦(UAE)ドバイの国際空港では、3月29日のアースアワー(世界約150か国の人々が、同じ日の同じ時間に電気を消すアクションを通じて、「地球の環境を守りたい!」という思いをわかちあう国際的なイベント)に向けて、空港施設内の不必要なライトを毎日1時間消灯するキャンペーンを、通常よりも早く開始した。

キャンペーンはアースアワーの24日前に当たる3月6日午後7時に開始されたが、一部消灯措置による空港の安全な運営への影響はない。

イスラムの平和のメッセージに関する啓発的な会議

Arab Humanitarian Portal【アブダビWAM】

「アラブ首長国連邦(UAE)が国際平和を促進するためにあらゆる努力を傾注してきたのは周知の事実である。」とUAEの英字日刊紙が報じた。

UAE政府は、アブダッラー・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン外務大臣の後援の下、イスラム社会における平和促進をテーマとした国際会議を2日間にわたって主催した。「会議の目的は、世界各地から参集したイスラム学者や有識者が互いに啓発し合い、平和の原則に対する信頼を醸成することにあった。」とガルフ・ニュースは3月10日付の論説の中で報じた。

|バーレーン|「過激派の目論見は成功しない」とUAE紙

images/BahrainIPSJ.jpg【アブダビWAM】


アラブ首長国連邦(UAE)の英字日刊紙が、3月3日夕方にバーレーンで発生した爆弾テロで、2人のバーレーン人警察官とともに当地で殉職したタレク・ムハンマド・アル・サビ・アル・シェヒ中尉の家族に宛てて、犠牲者に対する追悼の念を表明した。

事件当日は2月末に獄中で死亡した23歳の政治活動家のための追悼集会の最終日にあたり、警官隊とデモ隊が衝突している最中に爆弾が爆発し、アル・シェヒ中尉が犠牲となった。アル・シェヒ中尉は、湾岸協力会議(GCC)加盟国からバーレーンに派遣されてきたUAE国籍の警官の一人で、バーレーン警察の補助要員として、同国の治安と秩序維持にあたっていた。

|中東|「ケリー提案では不十分」とUAE紙

【アブダビWAM】

「イスラエルは、米国が仲介している中東和平交渉を隠れ蓑にして、とりわけ占領下のエルサレム及びその周辺地域において、違法なユダヤ人入植地建設を継続しており、ジョン・ケリー国務長官による和平努力を意図的に妨害している。」とアラブ首長国連邦(UAE)の英字日刊紙が報じた。

従って、「多くのパレスチナ人が、ケリー長官がマフムード・アッバスパレスチナ自治政府大統領に提示した和平交渉の指針を盛り込んだ「枠組み合意」案を、イスラエルとの最終合意の基礎にはなりえないと感じているのは驚くに値しない。なぜならこの枠組み合意案には、パレスチナ人の持つ正当な権利について十分な考慮がなされていなからだ。」とガルフ・ニュース紙は2月22日付の論説の中で報じた。