www.facebook.com
www.twitter.com
www.linkedin.com
www.blogger.com
www.myspace.com
RSS Feeds
 
INPS JAPAN   IDN-InDepthNews - UN INSIDER

インドネシアの反ポルノ法案とダンス歌謡音楽「ダンドゥット」ダンサー

【ジャカルタIPS=カリンガ・セネヴィラトネ】

 

「腰振りダンス」で一躍スターダムに駆け上ったインドネシア独自のダンス音楽のスター、イヌル・ダラティスタが反ポルノ法案の審議の的となっている。

法案の検討に当たっている議会委員会は、何をしてポルノグラフィとするかを検討するとともに、イヌルのトレードマークとなっている官能的なダンススタイルも対象となるか審議している。委員会にとっての問題点は、イヌルの絶大的な人気と、音楽専門チャネル「MTV」時代にふさわしく形を変えたものの、ジャワ舞踊の伝統を大いに採り入れたものである点である。

イヌルは、IPSの取材に応え、「政府は(法案を正当化する)きっかけとなる誰かが必要で、私を選んだだけ」と語り、反ポルノ法案の引き金とされていることに憤慨している。

インドネシアの街頭に他にもポルノが溢れていることは確かだ。しかしイヌルの腰振りダンスが皆に受け入れられるものであるかどうかは異論のあるところである。インドネシア放送委員会のアデ・アルマンド委員は、「このダンスは官能的な面があると解釈されうる。全国放送にはふさわしくないだろう。法案はダンスを禁止するのではなく、どこでなら演じてよいかを定めるべきだ」と述べている。

低俗な歌詞や安っぽいダンスクラブでの使用が保守的なイスラム教徒の間にいかがわしいイメージを生んでいるダンドゥットだが、倫理問題や90年代後半の経済危機をまだ克服していないインドネシア経済の中で不満を抱える若い世代の気持ちを代弁するダンドゥットの歌詞は、若者の熱狂的な人気を呼んでいる。

近年ではテレビの夜のゴールデンタイムに、いずれかのチャンネルでダンドゥットのショー番組が放映されるまでになった。イヌル自身も人気の上昇とともに、官能的な衣装や振り付けを控え、エンターテイメントに徹するように変わってきたとイスラム教団体「ポルノ社会にノーと言おう」のワヒュタマ氏は評価している。彼は、人気者になって金を稼ぎたい歌手志望者がダンドゥットの低俗化を招き、放送局は視聴率稼ぎに官能的なダンサーを多用している点こそ、今日の問題だと指摘する。インドネシアのエンターテイメントを巡る反ポルノ法案の議論を報告する。

翻訳/サマリー=IPS Japan浅霧勝浩

関連記事:

|インドネシア|待ち望まれる子ども家事使用人保護のための法律