www.facebook.com
www.twitter.com
www.linkedin.com
www.blogger.com
www.myspace.com
RSS Feeds
 
INPS JAPAN   IDN-InDepthNews - UN INSIDER

|国連|人権|国際連合拷問禁止委員会、各国の取り組みを査定する

【国連IPS=ニコ・キリヤコウ】

国際連合拷問禁止委員会(年に2回開催され、加盟139カ国における拷問廃絶に向けた取組みを審査する。次回開催は11月:IPSJ)は、スウェーデンに対して、同国に亡命申請をしてきたテロ容疑者をエジプトに送還したことは、拷問禁止条約に違反するとの裁定を下した。

エジプトへの容疑者引渡しに関しては拷問しないというエジプト当局からの保障と引渡しを強く求めた米国諜報機関からの圧力があったが、同委員会は、戦時・平和時を問わず引き渡されたものが拷問を受ける可能性が十分考えられる国への送還は国際条約に反するとの判断を下した。このエジプトへの容疑者引渡し事件と同委員会の今回の会合で協議された6加盟国(フィンランド、アルバニア、ウガンダ、バーレーン、カナダ、スイス)に対する審査内容を報告する。(原文へ)

翻訳/サマリー=IPS Japan浅霧勝浩