www.facebook.com
www.twitter.com
www.linkedin.com
www.blogger.com
www.myspace.com
RSS Feeds
 
INPS JAPAN   IDN-InDepthNews - UN INSIDER

|国際労働デー|メキシコが「移民のいない日」を支援

【メキシコシティーIPS=ディエゴ・セバジョス】

 

メキシコのビデオレンタル店では「A Day Without Mexican(メキシコ人のいない日)」という映画の人気が高い。この映画は5月1日の国際労働デーに米国の移民団体を全国規模のデモとボイコットに駆り立てている作品だ。IPSが問い合わせたすべてのビデオ店で、メキシコ人がいなくなったカリフォルニアの混乱を描いたこの映画のビデオは全部貸し出されていた。

メキシコの労働組合、活動家、議員は、不法滞在者の特赦を求めるとともに下院を通過した厳格な改正移民法に抗議して米国の移民が行なう予定のデモを支援している。移民の権利を擁護する団体は移民の経済的な力を示すために、米国の移民に仕事や学校をボイコットし、商品を売り買いしないよう、さらにメキシコでは米国製商品をボイコットするよう呼びかけている。

 
「米国にとって移民の存在を意識する歴史的な日になる」とメキシコ中南米協会のRaul Murillo氏はIPSの取材に応じて語った。メキシコの労働組合も5月1日に大規模なデモを予定し、米国の移民との連帯を示すとともに、メキシコ政府による労働組合の内部問題介入に抗議する。メキシコ政府は関与を否定しているが、政府の役人は5月1日に向けた準備を把握し、米国の議員や役人と対話を持って包括的な移民法の改革を要求していた。

米国のおよそ1,200万人といわれる不法滞在移民の大半はメキシコ人である。また米国の4,000万人の中南米系の多くもメキシコ人である。メキシコ人のセルジオ・アラウ監督の作品である「メキシコ人のいない日」はコメディで、カリフォルニア州の労働力の3分の1を担い住民の4分の1を占める移民が、ある日突然消えて混乱する様子を描き、最後は米国の国境係官がメキシコ移民を拘留や退去でなく歓待する場面で終わる。

3月にも移民の大規模なデモを受けて、米上院議員の中には40万人の移民労働者を毎年受け入れ既に米国に住んでいる1,000万の不法移民に市民権を与えるという妥協案を作成したものもいたが、支持を得られなかった。ブッシュ政権は「人道的」移民改革を支援するといいながら、5月1日に抗議する移民を取り締まろうとしている。5月1日の大会に移民の力が示される。国際労働デーにデモを計画している米国の移民について報告する。(原文へ

翻訳/サマリー=IPS Japan浅霧勝浩

 

関連記事:米国への移民、ようやく暗いトンネルから抜け出せるか