www.facebook.com
www.twitter.com
www.linkedin.com
www.blogger.com
www.myspace.com
RSS Feeds
 
INPS JAPAN   IDN-InDepthNews - UN INSIDER

相馬雪香さんの言葉の力とリーダーシップ(石田尊昭尾崎行雄記念財団事務局長)

Takaaki Ishida at TTA/ Katsuhiro Asagiri|INPSIDN東京=石田尊昭】

今年は、尾崎行雄三女・相馬雪香(そうま・ゆきか)さんの没後10年にあたります。

去る6月14日、第40回女性経営者物流セミナー(主催:東京都トラック協会。企画・運営:東京都トラック協会女性部)で講演をさせて頂きました。テーマは、「相馬雪香さんの言葉の力とリーダーシップ」。

相馬さんの没後10年という節目に、相馬さんの信念や生き方についてお話しする機会を頂けたことを大変光栄に思います。

当日の参加者は、すでに強いリーダーシップを発揮し、活躍されている女性経営者の方々でした。そんな皆さんにとって、私の話す「相馬さんのリーダーシップ」は、すでに日々実践されている、「当たり前」のことだったかもしれません。にもかかわらず、本当に熱心に耳を傾けメモをとって下さる姿に、講演中ずっと感激していました。

Ozaki Yukio Memorial Foundation改めて、主催者・参加者の皆様に心から感謝申し上げます。(講演終了後、拙著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉と『心の力も完売して頂きました。有り難うございました。)

テーマは「相馬雪香さん」についてでしたが、講演時間の約半分は、相馬さんの父であり、憲政の父でもある「尾崎行雄」について話しました。なぜなら、尾崎を語ることが、そのまま相馬さんを語ることにもなるから。そのくらい両者には、強い絆と共通の信念・生き方があると思っています。

相馬さんは政治家にはなりませんでしたが、常に「世界の中の日本」という視点を持ち、社会や国はどうあるべきか、そのために自分には何ができるかを本気で考え、できることから行動を起こしました。自分の利害得失ではなく「世のため、人のため」という思い。しがらみや権威にとらわれず「誰が正しいかではなく何が正しいか」を問い続ける姿勢。権力に迎合せず、同時に国民に有権者としての厳しい自覚を説き続けた相馬さん。まさに、父・尾崎行雄がそうであったように。

Yukika Sohma/ Ozaki Yukio Memorial Foundation当日の講演を、国際通信社「INPS Japan」理事長兼マルチメディアディレクターの浅霧勝浩さんが収録・編集して下さいました。

以下の動画は、当日の講演時間の約半分(40分程度)ですが、ポイントを絞り込んで、わかりやすくまとめて頂いています。尾崎と相馬を大事に思い、自身もグローバルな視点で「声なき声」を伝える浅霧さんならではの編集です。感謝申し上げます。

 

講演『相馬雪香さんの言葉の力とリーダーシップ』(石田尊昭)