www.facebook.com
www.twitter.com
www.linkedin.com
www.blogger.com
www.myspace.com
RSS Feeds
 
INPS JAPAN   IDN-InDepthNews - UN INSIDER

|アルゼンチン|不正|機密費不正使用スキャンダル、全容解明はまだ闇の中

【ブエノスアイレスIPS=マルセラ・バレンテ】

 

1990年代のカルロス・メネム政権(1989年~99年)の下で諜報・安全保障関連の機密費として、4億6,600万ドルに及ぶ公金がアルゼンチンの元閣僚、議員、判事など行政、立法、司法の広範な範囲の人々に「追加手当」として支払われていた実態が、同政権退陣後、様々な方面の証言、裁判を通して明らかになってきた。

ネストル・
キルチネル大統領は、この機密費不正使用スキャンダルを激しく非難したが、一方でスキャンダルの原因となった機密費関連法の廃止(それに伴う機密費の情報公開)については消極的な姿勢を示している。アルゼンチン社会に波紋が広がっている前政権中枢を巻込んだスキャンダルと全容解明を困難にしている機密費関連法を巡る諸議論を報告する。(原文へ

翻訳/サマリー=IPS Japan浅霧勝浩