www.facebook.com
www.twitter.com
www.linkedin.com
www.blogger.com
www.myspace.com
RSS Feeds
 
INPS JAPAN   IDN-InDepthNews - UN INSIDER

|イラン|亡命反乱グループに反対派メンバー拷問の疑惑

【ワシントンIPS=ジム・ローブ】

 

人権擁護団体ヒューマンライツ・ウォッチは5月19日、米国の支援を得てイランに民主主義政権を確立することを謳っているムジャヘディンカリク機構(MKO)に関して同組織が内部の反対者に対して行ってきた人権侵害の実態をまとめた「出口なし:MKO陣営内における人権侵害の状況」を発表した。

MKOは1986年以来、サダム・フセインの庇護の下にイラクを拠点としてイラン政権に対抗してきた勢力だが、欧州のみならず米国においても長らくテロ組織として認識されてきた。ところが、MKOは2003年の米国によるイラク侵攻が開始されると米政権の右派政治家の支持を背景にイランの原理主義政権を打破して政教分離で民主主義の政権を確立することができる唯一の組織として、米政府に対して活発なロビー活動を展開してきた。

「イランの政権交代」も視野に入れたブッシュ政権とイラン政権の対立が深まる中、有力反政府勢力として注目されつつあるMKOを取巻く人権侵害の記録を報告する。

翻訳/サマリー=IPS Japan浅霧勝浩