www.facebook.com
www.twitter.com
www.linkedin.com
www.blogger.com
www.myspace.com
RSS Feeds
 
INPS JAPAN   IDN-InDepthNews - UN INSIDER

|UAE|労働大臣、夏季における昼休憩を定めた労働法令の更新に署名

【アブダビWAM

 

アラブ首長国連邦(UAE)労働省は、5月30日、野外労働者の保護のため設けている夏季の日中における労働禁止時間制(12:30から15:00)が、今年も6月15日から9月15日までUAE全土で施行されると発表した。

野外で8時間以上労働に従事する人々に適用されるこの法令は、サクル・ゴバシュ労働大臣が昨日署名したことにより、8年連続で施行されることとなる。

 
この夏季限定の労働禁止時間制は、以前は2か月の期間に限定して適用されていたが、労働福祉の向上を目指す労働省の方針により2年前から期間を3カ月に延長している。UAEでは真夏には気温が摂氏50度を超えることがある。

この法令には、労働禁止時間の期間中、労働者が直射日光を避けて休息できるよう、雇用者に日陰の場所を提供するよう規定している。また雇用者には、連邦労働法及び同関連改正法に基づいて、1日8時間以上働く労働者に対して残業手当を支給することが義務付けられている。

さらに雇用企業は、この法令の規定により、アラビア語及び各労働者が理解できる言語(UAEの労働人口の9割以上が外国人)で作成した労働者の時間シフト表を作成し、労働監督官がチェックできるよう毎日公開することが義務付けられている。

またこの法令は、労働法に則って労働災害や職業病から労働者を保護するための予防措置や安全規則を設けるよう、雇用者に義務付けている。

ただし、技術的な理由で稼働を止められない職種に関しては、雇用者が労働者の人数に応じで冷たい飲み物を提供し、安全・公衆衛生関連の法律を遵守する条件で、この法令規則の例外適用を認めている。

またこの法令は、雇用主に対しては、応急手当器具の職場への設置や、労働者を熱射病から保護する適切な送風機器や光シールドの設置を義務付けている。

この法令には違反に対する罰則規定があり、罰金刑が科されている。さらに違反が何度も繰り返されるケースでは、労働省の監督官が違反内容と労働禁止時間帯に労働に従事させられた被雇用者数を記載したメモを公表し、違反内容と分類基準に基づいて違反企業のステータスの見直しを検討することとなっている。(原文へ

翻訳=IPS Japan戸田千鶴

 

関連記事
|アラブ首長国連邦|今年も午後の労働禁止時間制を施行
|労働|世界中で、労働者たちはまともな仕事を要求している
UAE|中古タイヤ規制で道路をより安全なものに