www.facebook.com
www.twitter.com
www.linkedin.com
www.blogger.com
www.myspace.com
RSS Feeds
 
INPS JAPAN   IDN-InDepthNews - UN INSIDER
|インド|貧困から「孤児」にされる数千人の子供たち


【スリナガル
INPS=サナ・アルタフ】Orphanages like this one house thousands of children, but are unable to provide residents with more than their most basic needs. Credit: Sana Altaf/IPS

 

17歳のアフザル君は変わった「孤児」だ。彼の父親は何年も前に他界しているが、母親は今でも健在で、アフザル君が十代の大半を過ごしてきた孤児院からさほど遠くないところにある家に、彼の祖父母と妹や弟たちと住んでいる。

月に一度、母親と弟がスリナガル(ジャンムーカシミール州の州都)にある「ベイト・ウル・ヒラール孤児院」にアフザル君を訪ねてくる。アフザル君にとっては、至福の一時だが、面会時間が終われば、再び孤児院にひとり残され、家族と一緒に実家に帰れない自分の境遇を嘆く現実が待っている。

|イスラエル|向こう側の小さな戦争の物語

Natanel hiding from a rocket attack. Credit: Pierre Klochendler/IPS.【アシュドッド(南イスラエル)IPS=ピエール・クロシェンドラー】

 

空爆任務を負って、イスラエル空軍のF-16がガザに向かって飛んでゆく。ここイスラエル南部の港湾都市アシュドッドの街頭では、戦闘機の轟音は悲しげな警報にかき消されている。わずか数秒後、うなりをあげて発射されたイスラエルの迎撃ミサイル「アイアンドーム」が、ガザ地区から撃ち込まれたGRADロケットを迎撃した。

「子どもにとってここは安全な場所ではありません。でも私たちにはここ以外に住めるところがありませんから、日中は街を離れて、夜に帰ってくることにしています。」と、エリシェヴァ・ピントーさんはIPSの取材に対して語った。ピントーさんは、娘のチャバさん(13歳)と息子のアリエくん(11歳)を連れ、アシュドッド中央駅のシェルターで、エルサレム行きのバスを待っているところだった。

|ボリビア|峻険な山河を超えて学校へ

A group of indigenous children in the last year of primary school, standing in front of the Miskhamayu school. Credit: Marisabel Bellido/IPS

【ミスカマユ(ボリビア)IPS=マリザベル・ベジード】

 

14才になるレイナルドは、まだ暗いうちから家を出発し、小さな先住民の部落にある学校まで片道2時間かけて登校する。峡谷を抜ける通学路は急峻で狭く、途中にはいくつも川を渡らなければならない。

また放課後、教科書やノートでいっぱいのリュックを背負って、石と荊棘だらけの道のりをサンダル履きでとぼとぼと歩いて帰宅することには、もう暗くなっている。

|欧州|性産業に引き込まれる移民女性たち

Seventy percent of France’s 20,000 sex workers are migrant women. Credit: A.D. McKenzie/IPS【パリINPSAD・マッケンジー】

 

昨月、フランス警察が、ナイジェリア人女性を取引して売春婦として使っていたとされる犯罪ネットワークを摘発したところ、ここフランスのみならず欧州全体に蔓延っている当局が呼ぶところの「現在の奴隷制」の実態に光が当てられることとなった。

警察当局は、「犠牲者の多くは、違法渡航を世話した者たちによって、数千ユーロの借金を負わされたナイジェリア人女性らで、イタリア経由でフランスに連れてこられていたのち、借金返済の名目で売春を強要されていた。」と発表した。

国際労働機関(ILO
によると、こうした女性たちは、欧州連合(EUを含めた先進国において約150万人にのぼるとみられている人身売買の被害者の一部である。同機関は、全世界における被害者は2100万人近くにのぼると見ている。

|グアテマラ|かつて性奴隷にされた女性たちが証言台に立つ

One of the victims testifying before the judge, with the support of a psychologist and a translator. Credit: Danilo Valladares/IPS【グアテマラシティINPS=ダニーロ・バラダレス】

 

「駐屯地には、私たちをレイプするための部屋がありました。兵士は、時には3人、4人、5人といました。」こう法廷で証言したのは、グアテマラ内戦において国軍から性奴隷扱いを受けたローサ・ペレスさん(仮名)である。

顔を布で覆い、心理学者と通訳の助けを得て出廷したペレスさんは、国軍兵士が夫を拉致し、彼女自身は、北部イザバル県エル・エストール市のセプール・ザルコ国軍駐屯地において、性奴隷兼使用人として扱われた、と泣きながら証言した。

母になることを強いられるニカラグアの少女妊婦たち

Girls at a rural school in Nicaragua. Credit: Oscar Navarrete/IPS【マナグアIPS=ホセ・アダン・シルバ】

 

13歳で妊娠したカルラ(仮名)はすべてを失った1年目の中学生活も、家族も、恋人も、そして自分の幸せも。彼女は、ニカラグアの首都マナグアの路上で1年間物乞いの生活をした末に、若い母親のためのシェルターに保護された。

彼女の生活が一変したのは2006年12月のこと。小学校の教員にレイプされたカルラが妊娠3か月であることを母親が発見したのだ。母はカルラをベルトで打ちすえ、家族をもう一人養う余裕はまったくないと言って、家から追い出した。

|子ども兵士問題|コンゴ民主共和国東部の反乱に200人近くの子ども兵士が関与

 

 

【キンシャサIPS=エマニュエル・チャコ】

 「一人の大人の反乱軍兵士に、少なくとも3~4人の子ども兵士が付従っているのを見ました。」とRunyonyi在住のクラヴェール・ルコメザさんは語った。Runyonyiは3月以来、コンゴ民主共和国(DRC)東部を揺り動かしている反乱軍グループM23運動(3月23日運動)の活動拠点の一つである。

「大人の兵士は、私たち住民が子ども兵士に近づいたり話しかけたりすることを拒否しています。」とルコメザさんは語った。ルコメザさんは最近の反乱において中心地となった北キブ州のブテンボから放送している民間ラジオ局「マペンド」の元ジャーナリストである。

またルコメザさんは、反乱軍兵士たちが全員キンヤルワンダ語(ルワンダDRC東部の一部で話されている言語)を話していた、と指摘している。この目撃証言は、6月24日にコンゴ政府の報道官が国営テレビを通じて行った(ルワンダに対する)非難声明の内容を裏付けるものである。

|子ども兵士問題|自由になっても再び悪夢に追いやられる少女たち(グレース・アカロ)

Grace Akallo. Credit: UN Photo/Eskinder Debebe【国連IPS=イサベラ・デ・グレーブ】

 

「神の抵抗軍(LRA)に他の139人の少女達とともに連れ去られた当時、私はまだ学生でした。7か月間、反乱軍に捕らわれていましたが、なんとか生き抜き、逃げ出して家に帰ってきたのです。」と、グレース・アカロさんは語った。

12
年前、アカロさんはまだ子どもだったが、残忍さで悪名高いジョセフ・コニー率いるLRAに捕らわれたことで、彼女の人生は思わぬ方向に進んだ。


今日、アカロさんは結婚して子供が一人いる。また大学院修士課程も卒業し、ある使命感を持って残りの人生を生きる決意をしている-それは、彼女自身のように子ども兵士にされた少女達の「声なき声」を世の中に伝えていくことである。

|オリンピック|今回もサウジ女性は蚊帳の外?

【シドニーIPS=サンドラ・シアジアン】

 

今年の7月にロンドンで開幕予定の第30回オリンピック競技会に向けて世界のアスリートが最終調整に入る中、サウジアラビアは、女性のオリンピック参加を禁じている世界唯一の国として孤立を深めている。

以前はカタール、ブルネイも、文化的、宗教的理由から女性のオリンピック参加を禁止していたが、今回は初めて女性選手団を派遣することになっている。

しかし、保守的な聖職者が「女性のスポーツ参加は社会の風紀を乱しかねない」と懸念するサウジアラビアでは、女性や少女がスポーツをする権利を否定する厳格な政治方針に基づいて、これまで一度も女性をオリンピック選手に指名したことがない。

|パキスタン|強制的に改宗させられるヒンドゥー女性

Dhan Bai received a certificate from a madrassa saying her daughter had converted to Islam. Credit: Fahim Siddiqi/IPS.【カラチINPS=ゾフィーン・イブラヒム】

 

カラチに住むヒンドゥー教の少女バルティ(15歳)は、昨年12月、裁縫教室に出かけたきり帰ってこなかった。失踪の3日後、父のナライン・ダス(55歳)は、彼女がイスラム教に改宗したと聞かされた。

「私たちは本当に心配しました。その後、娘が裁縫の装飾品を買いに近くの市場に出かけたときに地元の警官の息子に誘拐されたと知ったのです」と元運転手のダスはINPSの取材に応じて語った。