www.facebook.com
www.twitter.com
www.linkedin.com
www.blogger.com
www.myspace.com
RSS Feeds
 
INPS JAPAN   IDN-InDepthNews - UN INSIDER

|ネパール|爆発物が子供たちの命を奪っている

【カトマンドゥIPS=アキレシュ・ウパダイ】

 

ネパール治安当局と毛沢東派共産ゲリラの戦闘の中で多くの即席の爆弾や地雷が使用されており、それらを「玩具」と認識して近づく子供たちの多くが犠牲となっている。

ネパールでは1996年に毛沢東派共産ゲリラが王政の廃止と共産党一党支配による共和国の設立を目指して「人民革命」を開始して以来、約1万1,000人が内戦の犠牲となっており、その内、500人(その4分の1が子供)が即席の爆弾、地雷により命を奪われている。ネパール軍は、少数の兵士を配した全国の兵舎が相次いでゲリラの襲撃を受ける中、地雷が最も効果的な防衛策と認識しており、ネパール政府もこのような国内事情を受けて地雷の廃絶を謳ったオタワ議定書(134カ国が批准)に加盟していない。

「下痢が原因で1日に40人の子供が命を失っているネパールで、地雷による犠牲者数は比較的少ないが、地雷はこれから長年に亘って、世代を超えて人々の命を奪っていくだけに、子供たちへの新たな脅威として危機感をもっていく必要がある。」と内戦の犠牲となった子供たち支援に従事するユニセフ代表は語った。ネパールの子供たちの日常を突然奪う爆弾、地雷の問題を報告する。

翻訳/サマリー=IPS Japan浅霧勝浩

関連記事:

|ネパール|国内難民、国際社会からの支援の手を待ち望むいる