www.facebook.com
www.twitter.com
www.linkedin.com
www.blogger.com
www.myspace.com
RSS Feeds
 
INPS JAPAN   IDN-InDepthNews - UN INSIDER
非核地帯のアフリカ、原子力利用には熱心

High-level Panel on Blix Commission’s Report Weapons of Terror meeting on October 21 at UN in New York. UN Photo/Loey Felipe【ハラレIPS=ジェフリー・モヨ】

 

南部アフリカでは、核軍縮というテーマがとりわけ主要な関心事とはなっていない。それは、アフリカでは核兵器を保有している国が一つもないことと関係がある。アフリカでは、ペリンダバ条約(1996年署名開放、2009年7月15日発効)により、大陸全体が非核兵器地帯となっている。

 

アフリカ諸国では、専門家らの間に、「核兵器に焦点を当てるよりも、むしろ深刻なエネルギー不足の問題を背景に、いかに原子力を電力確保のために利用できるかに労力を傾けた方がよい」と考える向きがある。

|国連仙台防災会議|災害対処からリスク予防へ

【仙台IPS=ジャムシェッド・バルーア、浅霧勝浩】

 

仙台における重要な国際会議が近づく中、国連国際防災戦略事務局(UNISDR)のマルガレータ・ワルストロム国連事務総長特別代表(防災担当)が、「災害対処から災害リスクへの対処へと移行する」必要性について「一般的な合意」があると語った。

 

こうした理解の背景について同氏は、「もし国際社会が、貧困や気候変動、人間を防護する生態系の衰退、制御不能な都市化・土地利用といったリスクの根本にある原因に対応することに成功するならば、結果としてこの地球はもっと強靭なものになるだろう。この枠組みによって、既存のリスクレベルを低減し、新たなリスクの発生を防ぐことができるのです。」と語った。

日米友好の証「ポトマック桜」―100年の時を経て(石田尊昭尾崎行雄記念財団事務局長)

【東京IDN=石田尊昭】

 

毎年春になると、ワシントンDCのポトマック河畔に咲き誇る桜並木が話題になる。この桜は、今からちょうど100年前、当時東京市長を務めていた尾崎行雄(号は咢堂。議会制民主主義の父)が東京市参事会に諮り、市から日本国民の「日米友好の証」として公式に寄贈したものである。といっても、尾崎一人の「想い」で実現したわけではない。その背景には、当時の日米両国におけるさまざまな人たちの強い想いと尽力があった。その一端を紹介したい。

「海部俊樹元総理大臣の叙勲を祝う会」開催される

【東京IDN/INPS=浅霧勝浩】
 
海部俊樹元内閣総理大臣
INPS Japan会長)の「桐花大綬章」授与を祝う会が10月5日(水)東京都内のホテルオークラで開催されました。会場には、海部俊樹を良く知る各党の国会議員、友人、支持者など、約700人が駆けつけました。INPS Japanからは浅霧理事長が参加し、撮影・編集を担当しました。(ブログへ

 

 

|バルカン半島|かつてユーゴスラビアという国があった

【ベオグラードIPS=ベスナ・ペリッチ・ジモニッチ

 

何十年にもわたって、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国(旧ユーゴ)は人間の顔をした共産主義国家であった。教育と医療は無料で、雇用は保証され、家や小規模ビジネスの個人所有が認められていた。人びとは、他の東欧諸国に比べて高いレベルの生活を享受し、ビザなしに海外にわたることができ、政府は市民に開かれていた。そして非同盟運動を率いる盟主国として、国際社会において確固たる地位を占めていた。しかし、20年前の6月25日にすべてが終わった。

この日、旧ユーゴで最も先進的なクロアチアスロベニアの両共和国が一方的に独立したのである。両国は、(現在のセルビア共和国の外に在住する)全てのセルビア人の保護者を自認し「すべてのセルビア人はひとつの国に住む必要がある」とするスロボダン・ミロチェビッチ(当時)を悪の権化だとみなしていた。

│災害│2つの震災を比較する

 

【バーリントン(米バーモント州)IDN=アシュリー・スミス】

 

世界の地殻はつねに変動しているが、このところの2ヶ月間の動きは特に激しい。1月12日、マグニチュード7.0の地震がハイチを襲い、30万人が死亡、150万人が家を失った。2月27日にはチリをマグニチュード8.8の地震が襲い、数百名が死亡、200万人以上が家を追われた。

2つの地震には明確な違いがある。ハイチの地震はマグニチュードが7.0と比較的小さかったにもかかわらず、震源が地表の8マイル下で首都のポルトープランスにも近かったために、被害は甚大になった。他方で、チリの地震はハイチ地震の500倍のエネルギーを持っていたにもかかわらず、震源は人口密集地に遠く地表から22マイル下だったために、比較的少ない被害で済んだ。